Mac miniのメモリを増設する方法

Mac mini のメモリを増設しよう。

2018年モデルのMac mini は、自分でメモリを増設することが出来ます。

今回は、標準の8GBから32GBへの増設を行いました。

思ったより簡単だったので、方法を記事にしました。

必要な工具や部品について

①トルクスドライバ (T6、T5、T10)

個別にトルクスドライバを買うと高いので、安価なツールセットを購入しました。

トルクスドライバ(T3、T4、T5、T6、T8、T10)や2種類のピンセットと裏蓋を外す際に

便利なヘラが入っていました。

Mac mini のメモリ増設に必要な工具は全て揃っています。

ツールセット10本組 トルクスドライバー T3 T4 T5 T6 T8 T10

②増設用のメモリ

PC4-21300 (DDR4-2666)SODIMM という規格のメモリを購入しました。

記事執筆時は、品切れになっています。

同じ規格の商品も品切れが多いようです。

PATRIOT パトリオットメモリー デスクトップ用メモリ Viper4 シリーズ DDR4 SODIMM 2666MHz (PC4-21300) 1.2V 16GB


16GB (8GB×2枚)に増設する方はこちら。

在庫が多いのか、品切れにはなっていません。

価格も手頃で、おすすめです。

2枚増設する場合は、数量を2にする必要があります。

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥10,000 (2020/04/09 02:44:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

裏面カバーの取り外し

mac mini を裏返すと、黒いカバーがあります。

プラスチックのカードやヘラを差し込み、円に沿って一周させ、カバーを取り外します。

 

アンテナカバーの取り外し

※アンテナカバーには、短いケーブルが取り付けられています。

 無理に引っ張ると切れます。

 アンテナカバーは、持ち上げず、そっと横にずらしてください。

下の写真の中央に見えるのが、短いケーブルです。

簡単に切れてしまいそうです。

ケーブルを切らないように、そっと横にずらします。

赤枠のネジをトルクスドライバのT6で外します。

青枠のケーブル端子を上に持ち上げて外します。

ネジとケーブル端子を外すと、アンテナカバーを取り外す事ができます。

冷却ファンの取り外し

赤枠のネジ4本をトルクスドライバのT6で外します。

赤枠のコネクタを取り外します。

※はめ込み式のコネクタの為、横方向ではなく、垂直に持ち上げて外して下さい。

電源ケーブル類の取り外し

電源ケーブルとLED電源ケーブルを取り外します。

小さい赤枠は、さっきと同じはめ込み式コネクタです。

※横方向ではなく、垂直に持ち上げて外して下さい。

ロジックボードの固定ネジ取り外し

赤枠のネジ2本をトルクスドライバのT10で外します。

ロジックボードの取り外し

赤枠のヒートシンクに指を当てて、ロジックボードを外側に押し出します。

ロジックボードを壊さないように慎重に押し出します。

直接、机に置かないように布や紙の上に置きましょう。

メモリの増設

赤枠のネジ4本をトルクスドライバのT5で外します。

その後、メモリ放熱モジュールを取り外します。

黒いゴムのカバーを上下に広げると、メモリを取り外すことが出来ます。

用意したメモリを取り付けます。

後は、逆の手順で取り付けを行います。

8GBと32GBでは、高負荷の作業を行う際の快適さが異なります。

今回は、両方のメモリを16GBに交換し、32GBにしましたが、

8GB×2枚の16GBや片側を16GBに交換して20GBにする方法も

有りだと思います。

メモリは多い方がストレスも無く、時間の節約が出来ます。

ぜひ試してみてください。